睡眠障害を克服してぐっすり快眠ライフを送ろう

ぐっすり寝るこども

うつとの関係

うつ病と睡眠障害は関係ないのでは?と思う人も居るかもしれませんが、うつ病と睡眠障害というのは密接に関係しています。
うつ病患者の多くは、寝付きが悪い、眠りが浅い、起きても疲れているといった睡眠障害を訴えているのです。睡眠障害の中でも、「不眠」の状態が長く続くことによってうつ病が悪化してしまいます。よって、うつ病の治療の中には睡眠障害を解消することから始まります。
症状が悪化してしまってから治療に望むよりも、早い段階で治療を開始することで、治療期間が短くなります。

うつ病患者の睡眠障害は、パターンが決まっています。
ぐっすりと眠りたいのに眠れない、朝起きても疲れが残っているという熟眠障害、途中で起きてしまって朝まで寝付くことが出来ない早朝覚醒といった2つのパターンに分けることが出来ます。
このような症状がある場合には、睡眠薬が有効です。しかし、うつ病の睡眠障害の場合には、睡眠薬だけでは症状が完治しません。このような場合には、抗うつ剤が必要となってくるのです。抗うつ剤は、精神を安定させる効果があります。

ぐっすり寝たいのに眠れないといった症状がある場合、病院へ行くことをためらってしまう人がいますが、うつ病の治療にも繋がりますので早めに医療機関で治療をするようにしましょう。
精神科や心療内科に行くことはためらってしまうということであれば、なんでも話しやすいかかりつけ医に相談をするようにしましょう。そうすると、ある程度の診断をしてくれますし、病院を紹介してもらうことが出来ます。