睡眠障害を克服してぐっすり快眠ライフを送ろう

ぐっすり寝るこども

検査と診断

睡眠障害があるという場合には、病院で診察を受けるようにしましょう。
ただ、熟睡感がないというだけではなく、睡眠障害には大きな病気が隠れていることもありますし、大きな事故に巻き込まれてしまう恐れもあります。しっかりと治療を行なうことで生活の質は確実に向上します。

睡眠障害の診断は、まず、問診を行ないます。
問診の内容は、症状が現れたのはいつ頃か、思いつく原因、既往歴、入眠までの時間、睡眠中目覚めることはあるか、いびきはあるか、日中運動しているかといったことです。
受診をする際には、必ず上記のようなことが聞かれますので、予め自分の睡眠状態をメモしておくとよいでしょう。そうしておくことで問診がスムーズになります。

検査内容は、疑われる睡眠障害の種類によって異なります。
睡眠状態に問題があるという場合には、ポリグラフ検査が行なわれます。ポリグラフ検査とは、専用の装置を体に付け、一晩寝ます。そうすることで、睡眠中の脳波、心臓の動き、眼球の動きなどを測定します。
この検査を行なうことで、睡眠状態を把握することが出来ます。
ただ、この検査装置はどこの医療機関にもあるわけではありません。睡眠障害を主に取り扱っている医療機関や、設備が整っている大きな医療機関にしかありません。そのため、ポリグラフ検査を行なうことを希望するのであれば、予め医療機関の情報収集をしておく必要があります。

医療機関で問診を受け、検査をすることは、特に痛みを感じることはありません。
一人で考え込んでいても解決しませんし、睡眠障害を悪化させてしまいます。悩まず、病院を探して診察を受けましょう。