睡眠障害を克服してぐっすり快眠ライフを送ろう

今日もあしたもぐっすりねむろ
  • そのままだと

    そのままだと

  • 治療方法

    治療方法

  • 病院を探そう

    病院を探そう

ぐっすり寝られない

睡眠障害というのは、名前の通り睡眠に障害をきたしている状態を指します。
わたしたちは睡眠することで、脳や身体を休ませることが出来ます。頭や体を使ったとしても、睡眠することで体力が回復するのです。そのため、生命を維持するためには必要不可欠なのです。
睡眠に支障が出るということは、生命維持に大きな影響を与えてしまいます。

睡眠障害の患者は、人口の1割以上です。特に中年期の男性に多く見られ、その割合は4割近くを占めています。女性の場合でも2割を占めています。
睡眠障害の代表的な病気として「睡眠時無呼吸症候群」があります。この病気は、寝ている間に呼吸が一時的に止まってしまいます。過度の疲労や過度のアルコール摂取により、一時的に呼吸が止まることはありますが、通常時、1時間内に5回以上無呼吸状態が続くと無呼吸症候群と診断されます。
睡眠時無呼吸症候群になれば、高血圧や脳梗塞を引き起こす恐れがあります。

睡眠障害は、無呼吸症候群だけではなく過眠症、不眠症、睡眠覚醒リズム障害など88種類に分類されます。
睡眠中というのは、自分で症状を把握することが出来ませんので、病気の発見が遅れてしまいます。しかし、そのままにしていることで様々な健康被害を及ぼす可能性がありますので早期発見、早期治療が大切になってきます。
睡眠に関する悩みを抱いている人は多いと思いますが、少しでも悩みがある、悩みが中々解消されないということであれば、医療機関に相談をするようにしましょう。

原因はなにか

睡眠障害の原因というのは、非常に多くあります。
生活環境、睡眠環境、生理的要因、ストレス、不安、アルコール、うつ病というように数えきれないほど存在します。一つの要因が睡眠障害の原因となっているだけではなく、複数の要因が原因となっていることもありますので、自分で原因を診断するのは困難です。

現在、日本だけではなく世界で、夜間でも娯楽スポットは多数あります。そのため、夜間でも電灯が付いていて、夜と思わせないほど明るい状態となっています。
また、パソコン、テレビ、スマートフォンという便利なものが誕生したことで、それらに釘付けとなってしまい、不眠を引き起こしてしまいます。
このように日常生活の中には、多くの原因が潜んでいます。つまり、誰にでも起こる可能性があるということです。
睡眠障害は、現在では国民病となっているほど切っても切り離せない存在となっています。しかし、睡眠障害は治療をすることが出来ますし、気をつければ睡眠障害になることはありません。

このサイトを通して、ぐっすりと眠れる日を取り戻しましょう。
睡眠障害にならないために、治療をするためには、睡眠障害についてしっかりと知識を深めることが大切です。